賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸住宅と時代の変化

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
現代においては、賃貸住宅は供給過剰に陥ってしまっています。つまり物件の数が多すぎるのです。一昔前、たとえば戦後間もないころなどは、人々は雨をしのぐ場所を探すのも困難な状況でした。そこで第三者に住む場所を貸してあげるという行為は、とても賞賛される行為だったのです。このときに、人々は住む場所を提供してくれたその感謝の意を示すために、一定のお金を包んだのです。これが礼金の始まりで、今ある礼金というのも、この住居の供給過少が問題となっていた時代の名残なのです。

しかし現代はどうでしょうか。前述のとおり、住む場所は見わたすかぎり至るところに建っています。こうした住居の供給過多の状況の中で、礼金を支払う必要がいったいあるでしょうか。むしろ昨今ではその逆で、住む場所の提供者が、住みたい人を募ることに苦慮しているという状況なのです。ですから今は、礼金を回収するのではなく、むしろここに住んでくれてありがとうと、住む場所の提供者の方が入居者に対して礼金を渡さなければならないような状況なのです。

ところで、フリーレント物件なるものが最近出てきていますが、これはいわば礼金を支払ってでも入居者を募ろうという一種の逆転現象のひとつだと考えることもできるのです。フリーレントというのは、期間限定で家賃を無料にするということです。これは「賃料を一定期間無料にするから、どうか私の部屋に住んでください」ということなのです。

Copyright (C)2017賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.