賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸住宅の築年数について

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
円満な賃貸経営をするにはどうすればよいでしょうか。賃貸経営は、長期的な目で見なければなりません。一時の利益だけを考えるのであれば、賃貸などせずに不動産を売却してしまった方が手っ取り早いでしょう。しかし賃貸経営というものは、時が経てば経つほど、その経営は難しくなることが予想されます。なぜなら、長い間賃貸経営をしていれば、建物は老朽化し、つまりは築年数がかさんでしまうからです。

築年数の古い物件というのはどうしても敬遠されがちです。しかし問題なのは築年数の古さに経営者が甘んじてしまうということです。入居者がなかなか集まらないのは建物が古いからだと考えることは、ある意味では間違いではありませんが、しかし築古だけが原因だと考えることには落とし穴があります。実際、築古というのは、入居者が妥協してもよいと考えているポイントなのです。つまり築年数は古くてもよいと考える人が少なくないということなのです。

問題は築年数の古さではなく、内容の問題なのです。設備が一昔前の仕様であったり、トイレが和式のままであったりなど、そうした部分が入居者の心理に影響を与えているのです。つまり設備を整えれば、築年数が古くても入居者を集うことは可能なのです。

Copyright (C)2017賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.