賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸契約の契約金と家賃の振込先

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
賃貸契約をすると契約金の振り込みがありますし、住み始めた場合には、毎月の家賃の振り込みをする様になりますが、振込先に間違いがないか確認をして振り込みを行いますが、振込先を間違いがあると大変な事になります。多くの場合ですが、契約金の振込先と家賃の振込先は違う口座になりますが、確認を怠り契約金を振り込む先へと振り込んでしまうと、自分は毎月家賃を振り込んでいるのに、督促が来てしまったりとトラブルに発展してしまう場合があります。不動産会社は、会社で所有する口座を全体でチェックする様になっていれば、家賃の振込先を間違っていても対処してもらえる場合があります。

口座の種類によっては、管理している部門が異なっている様な不動産会社の場合には、振込先が違っている場合には、処理に時間が掛かってしまって、家賃の振り込みがないという事でやはり督促が来てしまう場合もあります。振込先を間違えてしまうというのは、ちょっとした確認を十分行えば防げる事です。振込先が間違っている場合の方が、余程の手間が掛かってしまうので、振り込む際には、確認は十分行い、気をつける様にします。振込先口座は、契約書内に記載されており、家賃の支払い方法も共に記載されています。貸主より事情によって、稀ですが振込先の口座が変わる場合には、貸主や不動産会社から連絡があります。その場合には、連絡に従って新しい振込先に支払う様にします。

Copyright (C)2017賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.