賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸住宅の見学では見えない場所に注意

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
賃貸住宅の見学はほとんど空室の状態で行われます。家具も何もない状態で、しかもクリーニングが済んでいますので、どんな部屋でも綺麗に見えるものです。しかし設備が古かったり、目に見えない場所にホコリがたまっていることもあります。賃貸の部屋を見学するときは、見えるところよりもむしろ見えない部分に目を向けるべきです。そうすることで入居してから後悔することも少なくなるでしょう。特に蛇口は一度ひねってみる、設備は一度動かしてみることが大事です。

水道が止まっていることはないと思いますが、電気は契約者がいなければ止まっている可能性があります。そこで気をつけたいのがエアコンつきの賃貸です。エアコンが古ければ室外機の音が大きくなりますが、見学の時にエアコンのスイッチを入れて確かめる人はほとんどいません。築年数が古い物件で、エアコンも見るからに古そうであれば、一度スイッチを入れて確かめてみることをお勧めします。そのためには見学の日に電気を入れてもらえるよう事前に不動産屋さんに申し入れておく必要があります。もしも電気を通すことが無理だと言われたら、ベランダに出て近隣の室外機の音に耳をすませてみましょう。エアコンを使う季節でなければ、何年くらい前のエアコンか聞いておくようにしましょう。

Copyright (C)2017賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.