賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸住宅の空室が増えている問題

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
皆さんもご存知の通り、現在日本では少子高齢化が進んでおり、住宅は余剰が出てきている状態です。新築物件が余ることは少ないですが、そのシワ寄せが古い賃貸住宅にきている状態です。世帯数が減っているのにこれまでと同じように住宅を供給し続けていれば余るのは当然で、都心の賃貸マンションにも空室が出てくるようになりました。私が以前住んでいた賃貸マンションも、およそ3分の1が空室という状況でした。駅前という利便性があり、家賃が格安にも関わらず、築25年という古さがネックとなっているのだと思います。

空室の多い賃貸物件は収益性が悪く、修繕にもお金をかけられないのが現状です。するとますます老朽化が進み、空室が増えるという悪循環になっています。家賃を下げても入居者がいない、かといって取り壊すお金もない、その結果、空室の多いみすぼらしい物件が残っている状態です。しかし最近はこのような状況に危機感を覚えた自治体や国の主導により、様々な改善策が打ち出されています。一定年数以上の賃貸住宅のリフォームに補助を出したり、リフォームによって優良な住宅に認定されれば入居者の家賃の一部が国から支給されるなどです。築浅にこだわらず視野を広げれば、お得で優良な賃貸物件を見つけられると思います。

Copyright (C)2017賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.