賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

検索フォーム
注目のエントリー
賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう

賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう
賃貸住宅に暮らすためには、初期費用を支払わなければなりません。その中でも、敷金はのちのち曲者になりやすいものです。ですから、敷金の性質を理解しておくことはとても大切なことなのです。敷金というのは、保証金の性質を持つ料金です。保証金というからには、何かあった場合にとっておくお金なのです。何かあった場合というのは、具体的には家賃滞納です。家賃を滞納すると、あるいは保証人に賃料の請求を求めるのが通常かもしれませんが、連帯保証人でない保証人の場合は、賃料を納めることを拒否されることがあるのです。そういった場合に、この敷金から滞納分の家賃が充当されるのです。

しかし敷金は、入居中よりもむしろ退去時にいちばん厄介なものになりやすいのです。敷金というのは、前述のとおり、保証金の性質を持っています。保証金であるからには、家賃滞納もなく正しく賃貸生活が送れていれば、遅滞なく返還されるべきものなのです。しかし実際はそうはいきません。賃貸住宅というのは、その退去時に部屋の修繕をしなければならないのです。この修繕費用の一部が賃借人の負担にあることがあり、それに敷金があてられるのです。もちろん、すべての修繕費用の負担を賃借人がするわけではありませんが、ケースによっては、納めた敷金がまったく返ってこないこともありますので、注意が必要なのです。

Copyright (C)2018賃貸の住まい探しは情報サイトを活用しましょう.All rights reserved.